近世研究のために、江戸時代の前後の、戦国末期や明治時代のことも勉強し直さないといけないと思い、戦国末期については、藤木久志の本を読んでみたことがある。
最初は岩波新書の『刀狩り』。これは江戸時代のことも多く触れられている。

この本によって、今まで、庶民と刀について間違った認識を持っていたことがわかった。
その間違いとは、豊臣秀吉による「刀狩り」によって、農民は刀を全て没収され、江戸時代は、一部の名主などが例外的に「苗字帯刀」を許された場合に、装飾品ないし宝物として刀を所有し、今日に至ったというもの。その程度の知識だった。

事実は、秀吉の刀狩りは兵農分離に主眼があり、実際の没収は限定的なものだったらしい。江戸時代も多くの農民は刀を所有したが、一揆などでは使用しないというルールがあった。旅や外出のときに、守り刀として脇差し一本を腰に差すのは、普通のことだった。明治以後は刀を差して公道は歩けなくなったが、風呂敷等に包んで荷物として運ぶことは問題ない。戦後の所謂「マッカーサーの刀狩り」では、全国から500万本以上の刀が取り上げられたが、時代による生活慣習の変化で国民の抵抗はなかったという。これは歴史上最大規模の刀狩りだった。ということらしい。

帯刀とは、武士のように大小二本を腰に差すことを言い、一本差しただけでは「帯刀」とは言わないそうだ。二本差しは武士だけの特権である。
そういえば、任侠映画で番場の忠太郎も沓掛の時次郎も、長ドス一本だけを差していた。

庶民にとっての刀は、なんといっても「守り刀」であったのだろうと思う。
臨終のあと、遺体の傍らに守り刀を置く慣習は、今でも残っているところには残っている。
床の間に飾る刀は、そばで就寝する者の守り刀でもあったろうし、我が家も昭和の父まではそうしていた。

さて、藤木氏の他の本で印象に残ってゐることは、
戦国時代は日本中が戦乱の時代で、近隣の村どうしでの武力衝突はひんぱんにあった。死人が出たときは、悪無限の報復の連鎖を避けるために、他方の村から一人を選んでその首を差し出して事態を収めるというルールができていった。その一人をどうやって選ぶかというと、村では予め他所から来た牢人(浪人)を幾人か養っていて、働かなくても食事などを与え、いざというときに差し出したとのこと。急な賦役の人足を差し出さなければならないときも、こうした牢人を差し出したが、「ものぐさ太郎」の話はそうした事実の反映だろうという。また、村の老人の一人が、自分の首を差し出し、子孫を末代まで村役人として待遇することを条件にすることもあったという。江戸時代の名主の中には、そのような経緯で名主になった家もあったことだろう。
戦乱の時代は早く終らせたいという人々の思いは、江戸時代には特に強くなっていったものと思う。

藤木氏の中世史に関するある本で、序文の冒頭を、柳田国男の引用で始めているものがあった。近世史の専門家になぜそれができないのだろうと思った。

近世史ないしは江戸期の古文書などについてのブログを始めるにあたり、ブログの題名について大変な試行錯誤があったのだが、とりあえず「小江戸古文書会」とした。「小江戸」とは、ここでは、特定の地方都市のことではなく、江戸時代の村の意味とする。大正月に対する小正月のような意味である。
【訂正 やはり小江戸は誤解されやすいので、外神田などの地名を参考に「外江戸古文書会」とした。】

秋田書店の『歴史と旅』1997年1月号(特集:江戸常識の嘘を斬る)を読んで、もっと江戸時代の村のことを学ばねばならないと思ったことがあった。この特集は、それ以前にときどきあちこちで見聞きすることのあったさまざまのことがらを総まとめにしてくれたもので、よくよく熟読したものだったが、それ以前の知識として最も勉強になっていたのは、NHKテレビのコメディー『お江戸でござる』における杉浦日向子の解説(「おもしろ江戸ばなし」)だった。お江戸でござるの農村版はできないものかと思っていた。
『お江戸でござる』の放送開始は1995年3月30日。

『歴史と旅』1997年1月号は前年の12月に読んだわけだが、特集記事のなかで最も注目したのは、佐藤常雄『江戸の貧農史観の再検討』だった。8ページほどの記事に今回ざっと目を通してみたが、同氏の著書『貧農史観を見直す』(講談社現代新書)についての記述は確認できなかった。しかし直後にこの本も読んだ記憶があるのは、同じテーマのものを読み漁ったときに知ったのだろう。同書は1995年8月の初版、手もとにあるのは1996年2月の第二刷である。半年で二刷ということはよく読まれたということだろう。同書は大石慎三郎編「新書江戸時代」全5冊のうちの1つ。
農家の年貢の、収入に対する実質の割合は8パーセントほどだと研究した人がいると読んだのはこの本だった。この本について若干の不満があるとすると、本の冒頭に紹介された2つのエピソード(伊達藩の子供の親権の認定法、蜂須賀家の先祖探し)が、大石慎三郎の著作『江戸時代』(中公新書)と類似する点だけだろう。
佐藤氏の専攻は「日本農業史」。日本の近世のことを学ぶには、「日本近世史」の専門家の本はあまり参考にならないことがわかるまでには、だいぶ年月を要したが、法制史とか商業史とかの各分野のそれぞれの先生のものを読まなければならない。

1

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM